読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ChainBlogの日記

チェインクロニクルでの遊びのブログ♪

風雲!チェンクロ学園!第3話のother sideストーリー

みなさん、こんにちは (* ・o・*)/

 

この記事はパソコンから投稿~なので顔文字がうまく使えませんw

 

コラボ・レイドまっただ中ですが!!

 

今、チェンクロ風雲!チェンクロ学園とかボクデンたちおじいちゃんが活躍するSPクエもじゃんじゃん更新されてるので忘れずにチェケラー♪♪

 

 

さてさて~

 

今日は風雲!チェンクロ学園の3話目の投票!

・ヨシツグと生徒会編7328票

・ヴぇルナーとの掃除当番編7417票

 

89票差っつー超接戦で、私も投票したけど負けてしまったヨシツグ編をご紹介♪

 

 

第3話 Aルート「ヨシツグと生徒会編」

えっ? 新校舎建設の設計や交渉を私がやる、ということですか?
そうだ、汝の望むままに設計してかまわぬ。なんなら私室を作ってもよいぞ
そのようなことをするつもりはありませんが……そのような大事を我々に任せてよいのですか?
ああ。我は生徒たちに、思うが儘に学園生活を送ってほしい
ならば、その場所たる学び舎も、使う生徒自身が作るべきだろう?
なるほど……
建築家との交渉にはこれを持っていくがいい
……重っ? これは校旗……ですか?
学園長が全権を委任した、という証だ。それを持っている者が、この学園の代表となる
ラファーガという大工に話は通してある。その校旗を持って会いに行け

ラファーガの元へ

――で、校旗を持って、そのラファーガさんに会いに行くところだったんだね
ああ、すまないな、付き合ってもらって
ううん、トウカも心配してたし、護衛は多いほうがいいでしょ?
……僕の護衛だけでは心許ないのだろうな。僕は妹にあまり信用されていなくてね
あの子はおまえが心配なだけだよ。信じていないのではなく、ね
そうでしょうか……
そうそう、オイラもお兄ちゃんが強いことはわかってるけどさ
危ないところにひとりで行かせるのは心配で、ついていきたくなるもんね
ついてきても役に立たないけど…
むっきー! オイラがそこにいるだけでなんか元気が出るだろっ?
ふふ、いいな、おまえたちはなんでも言い合える兄妹というかんじで
ハルアキ先輩だって言いたいことを言えばいいじゃん
……そうだな。そうしてみるかな
! 会長、下がってください!
グルルルル……
不良が出たり魔物が出たり……こりゃトウカじゃなくても心配になるよね

【戦闘開始】

よく来たな、俺が校舎の建設を任された大工、ラファーガだ
はじめまして。チェンクロ学園生徒会長のヨシツグです
例のものは持ってるかい? キララネから渡されているだろう
この、校旗ですね
うん、たしかにチェンクロ学園の校旗だな。おまえを学園代表と認めよう
では、さっそくですが新校舎建設の話を――
まぁ、待て
その前におまえの覚悟のほどを見せてもらおうじゃねえか
……と言いますと?
あの学校で生徒会長を張ってるくらいだ。おまえ、腕っぷしのほうもいけるんだろ?
モノを建てる仕事ってのは依頼人と大工の魂のぶつかり合いよ
心意気、腕っぷしを見せ合って初めて信頼して仕事ができるってもんだろ?
かなり極端な考え方だと思いますが……つまりあなたと戦って勝て、ということですか?
そういうこった。仲間と一緒でいいぜ。まとめてかかってきな!

【戦闘開始】

あっはっはっはっは! いいね、やるねぇ! 気に入ったよ、おまえら!
では……
ああ、どんな無茶な注文でも持ってきな! バッチリ建ててやるぜ!
やはりチェンクロ学園の生徒会は面白いな! キララネも強かったが、おまえらも相当なもんだ
校長先生とも戦ったことがあるの?
ああ、あいつがまだ女子高生だった頃にな
そ、想像できない……!
あいつもおまえと同じように生徒会長でな。今の旧校舎の建設を頼みに来たんだよ
えっ! キララネ校長も生徒会長でいらしたんですか?
それに、旧校舎の設計をしたのはキララネ校長だったんですか……
校長が私に新校舎の設計を一任されたのはご自身も経験があったからこそなんですね……
あいつの設計も色々無茶が多くてなあ。ずいぶん泣かされたもんだぜ
生えていたでっかい樹を残したまま校舎を建てろとかなあ
へぇ~、樹を
当時の設計図はあるのですか?
おう、あるぜ! 参考に見るかい?
ええ、ぜひ!

学園へ

変わってはいるが、良さそうな御仁だったな、ラファーガ殿は
しかし、予定よりすっかり遅くなってしまいました
急ぎ、学園に戻らねば――
おーっと、すんなり返すわけにはいかねーなァ
……! シュザの手の者か!
大人しく校旗を渡しな。そうすりゃ命までは取らねぇよ
校旗だと? これは学園代表の証だぞ!
だからこそ、シュザ様にこそふさわしいんだろーが
その校旗を手に入れ、裏からだけでなく表からもシュザ様が学園を支配するのさ
それを聞いては、ますます渡すわけにはいかないな
うむ、悪いがお引き取り願おう

【戦闘開始】

くっ……、会長の助っ人か。なかなかやるな
他のヤツには構うな! ヨシツグの手から校旗を奪えればいい!
ハルアキ!
――御意!

煙が立ち上る

目くらましに煙幕だと! 小賢しい! 追え!
まだ追ってくるよ!
それはそうだろうな。次の角を右に曲がれ!
う、うん!
いてっ!
ふぎゃ! ごめんなさいっ! って、ヴェルナーじゃん! 掃除当番は?
てめえらだってサボってるじゃねーか。オレはこの先の店に激辛カレー食いに行くんだよ
っていうか、なにやってんだ、生徒会様がそろって息を切らしてよ
ちょっとヤボ用でね。巻き込まれたくなければ離れていてくれないかな?
あん?
追いついたぞ! 観念しろ、ヨシツグ!
おとなしく校旗を渡してもらおうか!
あぁ、なーるほど。またシュザの一派とやりあってんのか
私としては不本意なのだがね。巻き込まれないよう、キミは離れていなさい
水臭いこというなよ、会長サン。こんな楽しいこと巻き込まれずにいられるかっての
ちっ、ヴェルナー! 会長に付く気か?
オレは誰にも付く気はねーよ。しいて言えば、お前らが気に食わないだけさ
ふん、ひとり増えたくらいどうということはない。数はこちらが上だ! 全員血祭りにあげてやるぜ
残念だけど、ほかの仲間はもういないわよ
追っているつもりで、分断されていたことに気が付かなかったのかしら?
トウカ、来てくれたか!
お待たせしました、会長、兄上
誰かさんの発光弾と煙幕が見えたわ。情けないわね、妹に助けを求めるなんて
主人公もついていながら、会長をお守りする自信がないの?
そう言ってくれるな。君が居ると居ないとでは心強さが違うのさ
……な、なにをバカなことを!
よーし、仲間もそろったし一気にやっちゃえー!

【戦闘クリア】

ダメだ、退くぞ!
しかし、校旗を奪わねば……
帰ってシュザに伝えるんだな。この校旗を奪うことはできぬと
それはどうかな?
ぐあっ!?
ヨシツグ会長っ!!!
校旗はいただいた! 退くぞ!
てめっ、待ちやがれ!
うっ!
てめぇ……スルスタン!?
……っ!
大丈夫ですか、ヨシツグ様!
ああ、私は大事ない。だが、校旗が……っ!
あれをシュザに渡すわけにはいかない……追ってくれ!
今はあなたの手当てが先です!
スルスタンはオレが追う。おまえらは会長を保健室に連れていきな
スルスタンって……さっきの奴はヴェルナーの知り合いなの?
スルスタンも私たちのクラスメート。同じチェンクロ学園の2年生よ
えーーーーっ!?

 

 

と3話はここまで!!

ヨシツグが気になるので、私はまたヨシツグへ投票しました!

 

ヴェルナーとスルスタンのやりとりも気になるけど…

 

 

続き気になる~(*^_^*)

 

↓クリックおなしゃす

 


チェインクロニクル ブログランキングへ